経理の強い味方、会計ソフト

会計ソフトで必要なアクセスログ管理

会社内においては、どのパソコンも何らかの形で接続しています。LANケーブルを通してサーバ経由で接続することもあれば、インターネット回線を利用して接続するようなこともあります。社員であればある程度会社の重要なサーバにログインすることができ、情報が得られるようになっているのです。一定の制限をするのが一般的です。

会計ソフトの場合は、経理部のほか各部門の部門長や経営者などがアクセスできるようになっています。情報が見られるようになっているのです。データの入力や修正は経理部しか行えないようになっていて、他の部署からは閲覧しかできないようになっています。そのときに誰がどういった作業をしたのかをチェックする必要があります。

アクセスログ管理を行うことで、誰がいつアクセスをし、どのような作業を行ったのかがわかるようになっています。問題のあるアクセスがあったり、入力などがある場合はその情報からチェックすることができます。