経理の強い味方、会計ソフト

会計ソフトでは承認機能で電子化を進める

システムにデータを入力する場合、担当者がいるはずです。多くの担当者がいる場合、ミスをした入力をしたのは誰かがわからないことがあります。ミスがあれば、そのミスを正す作業が必要になり効率化を妨げてしまいます。ある特定の人が行った入力にミスが多いことがわかれば、その人に注意をしてミスを減らす努力をしてもらえます。

会計ソフトにおいては、承認機能がついているものがあります。これによって、入力をした仕訳が誰が行ったものかも登録されます。そしてその仕訳を承認されたかどうかもわかります。通常は一般社員が入力をし、その上司が承認をします。そしてその情報が経理部にわたって経理部の方でもチェックをした上で承認をしていきます。

何らかの問題があるときに一定の責任を追求することは必要になります。それによって業務の効率化につながります。内部統制においても正確な会計処理を作成する上では承認機能の充実が求められています。必須の機能となっています。

関連リンク