経理の強い味方、会計ソフト

会計ソフトのデータをエクスポートして経営資料作成

会社の情報として大事な部分に当たるのが経理情報、会計情報です。でもそれ以外にも大事な情報はあります。製造業であれば生産情報などがあるでしょう。材料の仕入れに関する情報も必要になります。販売業であれば売上の他に顧客数などの管理もしていると思います。会社の社長や経営者は、多くの情報を元に判断をしなければいけません。

ある会社では月初に前月の経営結果を元に会議をするそうです。それまでは各々の部署から紙の情報をもらい、それを元に資料を作成していました。ですから、資料を作成するのに時間がかかったそうです。今は会計ソフトにデータのエクスポート機能があるとのことで、そのデータを元に資料を作成することができるそうです。簡単に作ることができます。

エクスポートをすれば、入力のミスなどもありません。各営業所の売上データなどを入力し間違えたとなると大変なことになっていました。そのようなことが亡くなりました。データ化できたので前月との比較もしやすくなります。