経理の強い味方、会計ソフト

会計ソフトはデータのインポートで仕訳効率化

ERPシステムの導入が盛んに行われています。業務システムを連携して、互いにデータの利用をしやすくしようとするものです。生産管理をするシステムにおいては、原価計算関係の会計データなどがあります。本来ならそれらから出力されたデータを元に仕訳を手入力していました。ERPならデータをもらってそのまま登録ができます。

ERPに関してはすべての会社で簡単に導入できるものではありません。中小企業であればコストが高くて無理なこともあります。でもソフトの方に一定の機能がついていればそれに近い使い方も可能です。会計ソフトにおいて、他のシステムからデータのインポートができる機能があります。仕訳データなどを取り入れられるのです。

完全な連携ではないので、途中でデータの変換作業などがありますが、それを経てインポートすれば仕訳の入力を効率化することができます。人件費のデータもまとめて入れていたものを個別に入力することも可能になります。