経理の強い味方、会計ソフト

会計ソフトで伝票をOCRで入力

会計の仕訳の元として伝票を使うことがあります。文房具店などで売られていて、その記入をして経理部に経費の精算などを依頼することもあります。経理部としてはその伝票に起票者や承認者などの印があるので、管理がしやすいと使っているところもあります。電子化が進んでいますが、会社によってはまだまだ使われているのです。

会計ソフトにおいて、伝票をOCRで入力できるものがあります。スキャナーなどで読み取ったり、専用の読み取り機を使うものもあります。科目に関してはコード化し、主に数字情報を正確に読み取れるようにしています。文字情報については人の癖もありなかなかデータ化は難しいです。その部分は再度入力が必要なこともあります。

それでも全て入力することに比べればかなり省力化することができます。データ入力をするときに数人の担当者が必要でも、OCRで読み取らせるだけなら担当者は一人でも行うことができます。読み取り中に別の作業もできます。

関連リンク