経理の強い味方、会計ソフト

会計ソフトで定型入力可能なもの

毎月同じ金額が発生するものがあります。保険料は更新月で無ければ毎月同じ金額が請求され、引き落とされたりします。電話料金は通話に基づくので変動がありますが、インターネットの接続料金などは固定料金にしている人が多いでしょう。この場合は毎月同じ金額です。引き落としの日なども毎月25日や月末などで決められていることもあります。

会計ソフトにおいて、定型入力機能があると便利になります。毎月発生するものであれば事前に登録をしておきます。発生した時にはそのデータを呼出せば摘要まできちんと入ってくれます。摘要に何月分などと入力をして確定させればそれで終わりになります。一からすべて入力するのに比べると、かなり時間を短縮することができます。

定型のタイプについてはいろいろ登録できます。科目から摘要までのものもあれば、科目のみで金額を入力するもの、科目と金額が入っていて摘要のみを入力するものなどがあります。使う人に合わせて登録すればいいのです。